どんなところ?モンサンミッシェルとは?

更新日:10月18日

モンサンミッシェルは、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。四方を海で囲まれ、街全体が要塞のように、岩山の上にある珍しい街。

モンサンミッシェルの歴史は、はるか昔まで遡ります。708年、司教オベールの夢に大天使ミカエルが現れ、山上に聖堂を建造するよう告げたという、お告げに従い小さな礼拝堂を建築したのがすべての始まりです。最初は小さな建物でしたが、11世紀にはロマネスク様式の修道院、13世紀にはゴシック様式のラメルベイユが建築されました。モンサンミッシェルがあるサン・マロ湾は潮の干満差が激しく、かつては多くの巡礼者が波に飲まれ命を落としたといわれています。1979年にはモンサンミッシェルとその湾が世界遺産に登録されました。

天空へとそびえたつ修道院は、島最大の見どころです。

まるで海に浮かぶような美しい要塞は、実際に訪れた人にしか分からない感動を与えてくれます。


【おすすめトピックス】

モンサンミッシェルのベストシーズンは、昼時間が長くゆっくりと観光を楽しめる春から夏、日帰り旅行でもよいですがモンサンミッシェルのライトアップされた夜の顔は、日帰りツアーでは見る事ができない、宿泊者だけの特権です。モンサンミッシェル付近で宿泊し、ライトアップされて幻想的な夜の雰囲気を楽しむのもおすすめです。

モンサンミッシェルの全体像をみるには対岸のホテルに宿泊する必要がありますが、島内・対岸それぞれに魅力があります。



日本からの行き方

日本から空路でパリへ。パリ・モンパルナス駅からフランス国鉄のTGV、レンヌ方面行きで約2時間。レンヌ下車、駅前バスターミナルからモンサンミッシェル行きでバスで約2時間


●バスと電車を利用する

日本

↓(飛行機:12時間30分~)

パリ

↓(鉄道:1時間30~2時間)

レンヌ

↓(バス:約1時間)

モンサンミッシェル駐車場

↓(島内までの無料シャトルバス約15分)

モンサンミッシェル着

大人(往復):約12,000円~


●直行バスを利用する(電車に比べて料金をおさえることができます)

日本

↓(飛行機:12時間30分~)

パリ市内

↓(フリックスバスを利用約5~5時間40分)

モンサンミッシェル駐車場

↓(島内までの無料シャトルバス約15分)

モンサンミッシェル着

大人(往復):約6,000円~(※直行バスは事前予約が必要です)


モンサンミッシェルに行く旅行を探す

#世界遺産

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示