メキシコで食べるべき家庭料理

更新日:10月13日

メキシコ料理といえば、タバスコやハバネロなど唐辛子をふんだんに使った「激辛料理」のイメージがあると思います。


また「タコス」に代表されるトウモロコシの生地・トルティーヤを使った料理も有名ですよね。

メキシコ料理は豆類、魚や魚介類を使った料理も多く、非常にバラエティに富んでいます。

トロピカルフルーツやサボテンのほか、日本ではお目にかかれない素材を使用した、ユニークな料理がたくさん存在します。

メキシコ料理の定番代表的な5つの料理をご紹介します。メキシコやアメリカ南西部を旅行・観光する際には、ぜひ一度味わってみてください。

タコス(Tacos)

メキシコ料理の代名詞、定番中の定番がタコス。トウモロコシの粉で作ったトルティージャに具をのせて二つ折りにして食べるメキシコの食卓にトルティージャは欠かせないもの、タコスという言葉自体が軽食を意味している通り、メキシコでは最もポピュラーな存在となっています。タコスは、牛肉や豚肉がトルティーヤの上にのるお肉のタコスと、ピカディーヨやモーレ・ポブラーノなどの煮込み料理がのるおかずのタコスの2つに、大きく分かれます。具材は地域によってバラエティが豊富なので、いろいろな旅先で違った具材にチャレンジしてみましょう。



ワカモーレ(Guacamole)

ワカモーレはメキシコ全土で食べられる前菜。日本でもお馴染みのワカモーレは、アボカドのディップです。メキシコでは、レストランでアペタイザーとして「トトポス」と呼ばれる、トルティーヤを三角形に切って揚げたチップスと一緒に食べます。つぶしたアボカドに青トマトとチリを混ぜてディップにします。トルティーヤチップスにつけて食べると、お酒のいいおつまみに。人が集まる機会には欠かせない、アボカドのおいしさを十分に味わえる人気のディップです。


ポソレ(Pozole)

ポソレは、ジャイアントコーンと肉の煮込みスープです。鶏肉か豚肉でダシをとった、見た目とは異なり意外とサッパリとしているスープです。旨味の染み出したスープと食感のよいトウモロコシの相性は抜群です。簡単にいえば、豚肉を煮込んだコーンスープということになります。



ブリトー(Burrito)

ブリトーとは小麦粉で作った薄いクレープのような生地「トルティーヤ」の上に、お肉やリフライドビーンズなどの具材を載せて、最後に巻いて食べる軽食です。コンビニの商品名として日本でも知られた存在ですがメキシコでは屋外のフードスタンドで買えます、ブリトーの具材に関しては、地域によって他にもチーズ、ソーセージ、ワカモレ、ご飯、レタス、じゃがいもなど様々な具材が使用されます。メキシコ北部・チワワ州の伝統料理で、同じメキシコの中南部よりもアメリカ合衆国南西部で広く食べられています。ブリトーは朝昼晩食べる、いわばメキシコの国民食ともいえます。地域性があるという意味でも日本でいうところのおにぎりに近い食べ物かもしれません。




モーレ・ポブラーノ(Mole Poblano)

モーレとはメキシコ先住民の言葉で、ソースを意味します。モーレ・ポブラーノはメキシコの家庭料理に欠かせないソースのこと。日本を含めた多くの国ではモーレはメキシコの伝統的なチョコレートの煮込み料理という認識になっていて、鶏肉がポピュラーな具材となっています。。チリやナッツ、スパイスにチョコレート(カカオ)を加えるため、チョコレートソースと呼ばれることも。見た目もチョコレート感たっぷりですが、実は甘味はほんのりと感じられる程度。濃厚なコクと複雑な香りは、ほかでは体験できない不思議な感覚です。




メキシコ料理まとめ

メキシコ料理は数千年前からの先住民伝承の文化や外来の食文化の影響が融合した、豊かな料理として、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

広いメキシコでは、地方によって料理にも特徴があります。地方料理でもメキシコ全土で食べられるものが多いのですが、素材の新鮮さが重要なので、現地で食べれば、なお美味しい! せっかくだから、旅先でご当地グルメを味わってみては?


お疲れ様でした、最後まで読んでいただきましてありがとうございます、旅の予約はぜひ「旅TIME」

をチェックしてみて下さい。

メキシコ料理食べたくなる方はおすすめの料理リング貼ります、ぜひ食べてみて下さい。


メキシコ料理を食べてみたい、自宅にお届けします!

★おすすめ 1位 メキシコ大使専任シェフ監修 モダンメキシカン料理『Modern Mexican CABOS』

【モダンメキシカン料理】タコスセット(2~3人前)*送料込(一部エリア追加料金有)

¥6,050(税込み)

東京にモダンメキシコ料理の旋風を巻き起こしている名店『Modern Mexican CABOS』の味をご自宅へお届け!元メキシコ大使専任シェフのビクトル・バスケス氏が監修する、各地の新鮮な食材を活かした本格メキシカンを是非ご賞味ください。




★★★おすすめ 2位 メキシコ大使専任シェフ監修 モダンメキシカン料理『Modern Mexican CABOS』

モダンメキシカン料理】モレ+タマレス+ポソレ(2~3人前)*送料込(一部エリア追加料金有)

¥9,000(税込み)

東京にモダンメキシコ料理の旋風を巻き起こしている名店『Modern Mexican CABOS』の味をご自宅へお届け!

元メキシコ大使専任シェフのビクトル・バスケス氏が監修する、各地の新鮮な食材を活かした本格メキシカンを是非ご賞味ください。





★★★おすすめ 3位 メキシコ大使専任シェフ監修 モダンメキシカン料理『Modern Mexican CABOS』

【モダンメキシカン料理】モレ(2~3人前)*送料込(一部エリア追加料金有)

¥6,500(税込み)

本場メキシコ同様、チョコレートなど20数種類の原材料を使用し丁寧に仕上げたモレ。甘み、辛み、塩味、酸味、苦み、香り等が絶妙なバランスで調和した、今まで味わったことのないコンプレックスなテイストです。




海外旅行キャンペン中、良かったらclickしてね


閲覧数:11回0件のコメント